アトピー性皮膚炎はステロイドで

治療するのが一般的ですが、

ワセリンにもアトピーの症状を

抑える効果があるといわれています。

今回はアトピーにはワセリンは効くのか?

ワセリンの使い方や選び方は?

をお伝えします。
  

Sponsored Links

アトピーには保湿が大事

アトピーを発症する理由については

まだ解明されていませんが、肌バリア

機能が弱まったため、外部刺激から

皮膚を保護する力が弱まり、ほんの

少しの刺激を受けただけで

皮膚炎(アトピー )が起こる

のではないかという説があります。

実際にアトピーに悩まされている人の

皮膚には肌の角質層でスポンジ

のように水分や油分を蓄えている

もので肌のうるおいにはかかせない

とされるセラミドの量が少なく、

肌バリア機能を維持しにくくなって

いるので、肌バリアの破綻を予防

すれば、治せる可能性があります。

角質層が乾燥すると、肌バリア機能が

低下するので、それを予防したいなら

角質層にうるおいを与えて、キープさせ

なければなりません。

角質層の水分量が一定に保たれれば、

肌バリア機能が維持されるので、

アトピーの症状を抑えたいときは肌の

保湿ケアが必要です。

ワセリンには保湿効果も

ワセリンには高い保湿効果があるので、

肌の表面を覆うと、角質層からの水分が

蒸発して乾燥するのを防ぐことが出来ます。

水分を皮膚の奥にしっかりと閉じ込め

られるので、多少の刺激を受けても、

肌が荒れにくくなるでしょう。

ワセリンの使い方は?

使い方としては、少量を薄く塗るのが

コツで、たっぷり塗った方が保湿

効果が高い、というものではないのです。

ワセリンの厚塗りは逆にに皮膚が乾燥

しやすくなって、逆効果になることが

あるので、アトピー肌を治療するために

うるおいを与えたいときは、薄く

塗ることが大切です。

刺激の少ないワセリンを選ぶ

Sponsored Links
スーパーやドラッグストアに行くと、

他にも保湿クリームがあるので、

安いものを選んで使いたいと思うかも

知れませんね。

しかし保湿クリームには界面活性剤が

配合されています。

界面活性剤は角質層を破壊し、肌を

刺激する恐れがあります。

それですと肌バリア機能が弱まって

しまうので、アトピーの治療に

使いたいときは、肌への刺激が少ない

ワセリンを選んでください

こちらは精製を重ねた、不純物の最も

少ない高品質のワセリンとして人気です。

(商品クリックで詳細)

ステロイドとワセリンは混ぜない!

かつては皮膚科でステロイドを処方

する際、ワセリンと混ぜたものを容器に

入れて、患者さんに渡すケースが

ほとんどでした。

しかし今では法律的な観点から、この

方法で処方されることは少なく

なっています。

医師が医薬品を容器から出して、

ワセリンと混ぜて処方すると、その

時点で製薬メーカー側の責任ではなく

なってしまうからです。

第三者が手を加えると、メーカーが

製造物責任法(PL法)の縛りを受けなく

なり、混合した医師が処方した薬に関する

すべての責任を持つことになるので、

それを避けるようになったのです。

それにワセリンとステロイドを混合すると、

ステロイドの効果は薄まるのに副作用は

ほとんど変わらないので、混ぜて使うことは

やめましょう。

まとめ

アトピーにはワセリンを使うことも

有効だということをお伝えして

きましたが、ただ痒い部分にたくさん

塗ればアトピーの症状を抑えられる

というものではないので、良質な

ワセリンを用量を守ってしようする

ことでその効果を発揮します。

ワセリンを上手に使って少しでも

アトピーの症状をやわらげましょう。

購読ありがとうございました(^^)
Sponsored Links