健康について考えるのであれば、

しっかりと意識しておきたいのが

コレステロール値です。

コレステロールには善玉コレステ

ロールと悪玉コレステロールとがあり、

悪玉コレステロールは体にとって悪い

ものというイメージを持つ人は多いと

思いますが実際はどうなんでしょうか?

  

Sponsored Links

コレステロールの必要性は?

“コレステロール”と聞くと一見

健康を維持していくには必要のないもの

のようなイメージですが、コレステ

ロールは細胞を構成する為に

欠かせない成分で、

血液と一緒に体の様々な場所へ

運ばれています。

肝臓から血液に乗って細胞まで運んで

いく役割をしているのが悪玉と

呼ばれているLDLコレステロールで、

この量が正常であれば問題はありま

せんが、増えすぎると使われなかった

分を血管に残し動脈硬化等の原因を

作ってしまいます。

善玉と呼ばれるHDLは血管に残って

しまったものを回収していく役割を

しており、善玉と悪玉のバランスが

取れている事が重要になってきます。

ですから、健康の事を考えたら、

コレステロールを完全に排除するの

ではなく、過剰摂取に注意をしていく

事が重要になります。

その為には食品に含まれている量を

知っておく事が大切です。

卵製品には注意?

Sponsored Links
コレステロール値が高い食品といえば、

鶏卵が有名です。

なかでも黄身の部分に多く含まれ、

マヨネーズ等は、黄身だけで作る

よりも、全卵を使って作る方が、その

数値が下がる事になります。

鶏卵はそのまま食べる、マヨネーズ

加工する以外にも、様々な使われ方を

しているものです。

特に洋菓子類には多く使われており、

プリンカスタードクリームスポンジ

ケーキには多くの鶏卵が使われています。

ですから、鶏卵そのものだけでなく、

加工品にも注意をしておく事が

大切です。

その他コレステロールを多く含む食べ物は?

卵以外にも様々なものに多くの

コレステロールが含まれています。

有名なのは魚卵です。

いくらやすじこ、たらこや辛子明太子、

子持ちししゃも等は、その数値が高い

事で有名です。

それ以外にもフォアグラやあん肝

レバー類等の肝にも多く含まれています。

少しでも健康な状態を維持したいと考える

のであれば、コレステロールが多く

含まれた食品を過剰摂取しないように

注意しておく事が大切です。

悪玉コレステロールを減らすには?

そして、悪玉を減らしていきたいと

考えた場合にしておきたいのが

有酸素運動運動です。

有酸素運動をして中性脂肪を減らす

ようにしていけば、悪玉を減らし

やすい状態を作ることができます。

更に、健康な状態を目指したいと考える

のであれば、コレステロールの酸化を

防がなければいけません。悪玉コレステ

ロールが酸化すると、免疫細胞が異物と

思い込み身体から排除しようとします。

そして「プラーク」と呼ばれる

コブを作りだし、そのコブが血管を狭く

して動脈硬化を引き起こす原因となります。

ですので、βカロテン・ビタミンA・

ビタミンE・ビタミンC・ポリフェノール等、

抗酸化作用がある食品や飲み物を積極的に

摂取していきましょう。

具体的にいうと、

・アボカド

・トマト

・バナナ

・緑黄色野菜

・大豆製品

などは抗酸化作用が高い食べ物です。

これらのものを食べることにより

コレステロールが原因となる動脈硬化の

予防に繋がっていきます。

まとめ

今回はコレステロールの必要性や

コレステロールを多く含む食べ物

についてお伝えしてきましたが、

コレステロールは一見要らないものの

ようで実は健康を維持して

いくためになくてはならないものです。

ですがコレステロール値は高すぎても

低すぎても身体には悪影響を及ぼします。

ですので健康診断の結果で出たコレステ

ロール値をしっかり見ておきましょう。

そして悪玉コレステロールが多い場合は

血栓ができやすくなり心筋梗塞や

動脈硬化のリスクが高くなります。

そうなると、悪玉コレステロールを減らす

食べ物を摂る、タバコを吸っている人は

タバコを控える、毎日の生活に運動を

取り入れる、などの対策が必要となって

きます。目に見えないものなので、

“悪玉コレステロールを減らすぞ~”

と意気込みずらいかもしれませんが、

“次の健康診断には正常値を目指すぞ~”

と頑張ってみてはいかがでしょうか。

いつまでも健康でいたいですもんね。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links