現代の日本は食生活に恵まれており、

コンビニやスーパーなどで好きなものを

購入できる環境が整っています。

つい好きなものばかりを購入して食べたく

なるものの、そのような食生活を送って

いると、悪玉コレステロールが増えやすい

状況になります。

特に中高年以降の人は気を付けましょう。

この歳になってくると血中にコレステロール

が溜まりやすくなるからです。

悪玉コレステロールの弊害や悪玉コレステ

ロールを減らすには?

  

Sponsored Links

悪玉コレステロールの弊害は?

「コレステロール」はコレステロールの

全てが悪いのではなく、「悪玉コレステ

ロール」の存在が厄介です。

血管の壁を傷つけたり血栓を作り出すことで、

循環器系の病気を発症しやすくします

身近なものとして高血圧があり、悪化する

脳梗塞

心筋梗塞などの重い病を引き起こします。

悪玉コレステロールを増やさないように

するには、日常の食生活が重要になります。

食事を上手くコントロールすることにより、

増えすぎた悪玉コレステロール値を下げる

ことが可能です。健康診断の結果が良好に

なり、病気にかかるリスクを下げること

にも繋がりますから、今から見直すことを

おすすめします。

悪玉コレステロールを減らすには?

Sponsored Links

悪玉コレステロールを減らすことは食事に

「不飽和脂肪酸」を含む食材を食べることで

それは可能になります。

「不飽和脂肪酸」とは主にクロマグロ・

ブリ・さんま・カツオ・はまちなどの

青魚に多く含まれる脂肪酸のことで

DHAやDPAと呼ばれるものです。

「不飽和脂肪酸」に対し「飽和脂肪酸」が

ありますが、これは

主に肉に含まれる脂のことで、ご存知の

ように肉の脂は温度が下がると白く固まります。

ですが「不飽和脂肪酸」は、冷えても固まらない

のが特徴です。ですので魚を食べた(不飽和

脂肪酸を摂った)後も体内で脂が固まらない

ために、血中の中性脂肪やコレステロール

値を調節する働きがあるがあります。

DHA・DPAの1日の摂取量は?

DHA・DPAは健康食品として人気がある栄養素で、

国の機関からも毎日1000mgは摂取することを

推奨しているくらいです。

ちなみに、DHA・DPAを1000mg摂取の目安は

・クロマグロ(脂身)寿司1貫 3200mg

・アジの開き 1尾 1300mg

・さんま(焼き)1尾 1200mg

・ブリ(焼き)切身(120g)1900mg

・マイワシ(生干し)3尾(102g)1100mg

・鰹節 5g560mg

などです。

どれも日本人にとって馴染みの深い魚ばかり

ですが、現代人は青魚を食べる習慣が減って

きています。出来る限り食卓に青魚の料理を

並べるように工夫しましょう。

生の青魚を購入するのが難しい、調理が

面倒ならば、缶詰でもDHAやDPAを摂ることは

できます。

油分や塩分、糖分などの取り過ぎに気を

付けながら缶詰を有効活用しましょう。

善玉コレステロールの役割は?

「悪玉コレステロール」といえば、相対する

「善玉コレステロール」の存在ですが

悪玉コレステロールと同じく人の体内に存在

するものですが、善玉コレステロールは

増えすぎたコレステロールを回収し肝臓へ

血液中のコレステロールが増えるのを防いで

くれ、動脈硬化予防の働きをします。

善玉コレステロールを増やすために、一番

手っ取り早いのが食べ物から摂取すること

です。その食べ物ですが、コレステロールの

吸収を抑え身体から排出したいので水溶性の

食物繊維を含むものを食べることが大切です。

水溶性食物繊維を含む食べ物は

・昆布

・わかめ

・オクラ

・モロヘイヤ

などですので、これらの食べ物を積極的に

食べましょう。

まとめ

今回は、悪玉コレステロールについて

お伝えしてきましたが、悪玉コレステ

ロールは、基準値を超え体内に多く

存在すると脳梗塞や

心筋梗塞を発病するなどのリスクを

ともないます。

ですので、悪玉コレステロールを減らす

ために1日1000mgのDHA・DPAを摂取

するのがおすすめです。

また、善玉コレステロールは増えすぎた

悪玉コレステロールを減らす効果が

あるため、昆布やわかめ、オクラや

モロヘイヤなどを食べ善玉コレステロール

を増やすことも大切です。

特に中高年の方は血中のコレステロール値

に気を付け次の健康診断の数値が

正常値を示すことを目指しましょう。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links