健康診断などでメタボと診断されたら、

そのまま放っておいてはいけません。

メタボは、糖尿病など様々な病気の元と

なり最悪の場合脳卒中や心筋梗塞になり

死に至る可能性もあるのです。

そんなメタボを解消する方法とは?

メタボ解消はお腹周りより・・?

自分が“メタボ”だとわかればメタボの状態を改善

していく事を意識していかなければいけません。

その為に重要になってくるのが、内臓脂肪を

減らすようにしていく事です。

メタボと診断されたら、ただ体重を減らせば

良いと考える人は少なくありませんが、

ダイエットによって体重が減っても体脂肪率

には変化がないという事は少なくありません。

またメタボはウエストのサイズで判断され

るためメタボ解消には

“ウエスト周りを減らせばいい”

と考える方も多いです。

確かにウエスト自体を細くすることも

大切ですが、それより重要なのは

内臓脂肪を減らすことです。

メタボ解消は無理をしない?

“メタボ解消にはウエストを細くすること

より内臓脂肪を減らすことが大事”

ですが無理な食事制限をするよりも、

まずは日常生活に有酸素運動を取り入れて

いく事がおすすめです

ただ、普段体を動かさない人がいきなり

体を動かそうとすると、大きなストレスに

なり続けることは難しいです。

その為、メタボ改善を意識して有酸素運動を

始めたいと考えるのであれば、まずウォー

キングから始める事がおすすめです。

一気にたくさんの距離を歩こうとすると、

疲れやすくストレスも溜まりやすくなります。

ですから、駅と駅の距離が近い地域であれば、

1駅先まで歩いてみる等、無理なくできる

事から始める事がおすすめです。

そして歩いてみて、まだ歩けると感じたら

距離を伸ばしていく等、少しずつ歩く事に

慣れていく事が続けられる要因にもなります。

その時に活用してきたいのが万歩計です。

現在は、無料で利用できるスマホのアプリも

あります。実際に内臓脂肪を減らしたいと

考えた場合に有効とされる歩数は1日1万歩です。

いきなり1万歩を目指すのは大変なので、

最初は前日よりも多く歩くという事を目標に

頑張っていく事がおすすめです。

そして、歩く以外にしておきたい事が日常

生活の見直しです。

内臓脂肪を燃焼させる為には有酸素運動が

有効ですが、それ以上に食べすぎてしまって

いれば、なかなか脂肪は減らない事に

なります。ですから、暴飲暴食をしないよう

にする事が大切です。

1日3食、食べること!

ですが逆にメタボ解消やダイエットのために

1日に2食、または1食しか食事を摂らない

というのはNGです。食事の回数を減らすと

身体はエネルギーを消費しないようにと

代謝が悪くなったり身体が危機を感じ

次の食事ではエネルギーを蓄えようとして

食べた物が身になりやすくなります。

ですので、暴飲暴食は避けたいところですが、

1日にしっかり3食の食事を摂るとこが

大事です

まとめ

メタボ改善の為に有酸素運動を始める、

食事を見直す等の対策をすればすぐに効果が

出るかといえば、そうではなく、効果を実感

するまでには少し時間がかかります。

その為、すぐに効果を期待するのではなく、

続けていく事が重要となります。

何年もかかって現在のメタボ体型になったのなら

何年もかかって元の体型に戻す、くらいの

気持ちで長い目で現在の身体と付き合いましょう。

続けていればベルトの穴が1つ奥で止められる

ようになり、見た目も変わってきて周りからも

“ちょっと痩せた?”

なんて言われメタボの体型の解消だけでなく

周りが自分を見る目も変わってきます。

スマートになった自分を想像して、メタボ解消

に取り組んでみましょう!

購読ありがとうございました(^^)