中性脂肪コレステロールは、どちらも

人間の体内にある脂肪の一種であり、

たまりすぎると身体に害を及ぼすおそれが

あることは、既に多くの人に認識されて

おり、これら2種類の脂肪を同列にとらえて

いる人が少なくありません。しかし、

中性脂肪とコレステロールはまったく異なる

性質を持つ物質です。

今回は中性脂肪とは?

コレステロールとは?

中性脂肪とコレステロールの違いは?

をお伝えします。

  

Sponsored Links

中性脂肪とは?

中性脂肪とは、食べ物を通じて体内に取り

込んだのものが、身体を動かすなどの

エネルギーとして使われなかった脂質や糖質

たんぱく質でありそれが皮下や肝臓にある脂肪組織に

蓄えられたものです。

そして必要が生じた時に脂肪酸へと変化

して日々の活動をするためのエネルギーと

して使用されます。

中性脂肪の数値が高いとどうなるの?

健康診断などの結果で中性脂肪の量を示す

トリグリセリド(TG)の数値が高いと、

糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病を

引き起こすおそれがあるとみなされ、

医師からは運動を積極的にするなどして

数値を下げるよう指導されます。

しかし、中性脂肪の数値は低すぎるのも

良いことではありません。単に栄養不足や

過剰な運動が原因であれば、もっと良く

食べたり、運動のメニューを軽いものに

すれば、血液中の中性脂肪の量が正常に

戻りますが、いくら試みても中性脂肪の

量が戻らない場合は甲状腺や肝臓に何らかの

疾患が生じているおそれがあるからです。

コレステロールとは?

Sponsored Links

一方、コレステロールは、生体膜の構成や

ステロイドホルモンの生成、胆汁酸の生成

などに関与する物質で、大きく悪玉コレステ

ロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の

2種類が存在します。LDLは血流にのって

全身に運ばれ、ホルモンや生体膜を生成する

際の材料となります。

コレステロールの量が多いとどうなるの?

コレステロールの量が多くなりすぎると

血管壁に付着して血流を妨げるうになり、

動脈硬化を引き起こす原因となります。

HDLはLDLを除去して肝臓に運ぶ

はたらきがあり、動脈硬化を防ぐために

重要な物質ですが、量が多すぎると、

遺伝的にHDLコレステロールの機能が低く

なっているのを補おうとして大量に

しようとする

「CETP欠損症」

にかかっているおそれがあります。

名称に悪玉と善玉の語が用いられています

が、名称から受ける印象とは違い、コレステ

ロールはどちらも重要な働きをしています。

中性脂肪とコレステロールの違いは?

で、中性脂肪とコレステロールの違いですが

「中性脂肪」

主に生命の維持活動に用いられており、

「コレステロール」

主に細胞膜を形成して流動性を維持

するために用いられているということです。

また、量が過剰である場合や不足している

場合に疑われる症状にも両者で違いが

あります。しかし、中性脂肪もコレステ

ロールも、日々生きていく中では欠かせない

物質であることには変わりはないので、

これらをつくりだすもととなる栄養が

含まれている食べ物は節度をもって摂取する

ことを心がけましょう。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links