ホルモンバランスはちょっとした

ストレスや疲労の蓄積などによって

乱れてしまいます。

そんな乱れたホルモンバランスを

自分で整えることはできるのでしょうか?

Sponsored Links

女性ホルモンが減るとどうなる?

ストレスや生活習慣によっても乱れる

ホルモンバランス。

特に女性の場合は女性ホルモンに生理

周期や妊娠の制御する働きがあるので、

女性ホルモンが減ると生理不順や生理痛、

自律神経失調症や不妊などを引き起こす

可能性があります。

さらに加齢による女性ホルモンの減少は

更年期障害の症状が出る原因になると

言われています。

また、ホルモンバランスの乱れによる

様々な体の不調は女性だけではなく、

男性の場合も主に性機能関連の症状が

出るなど男性の更年期障害を引き起こす

事もありますし、どのようにしてホルモン

バランスを整える方法が知りたい方も多い

と思います。

ホルモンバランスを整えるには?

周期や妊娠の制御する働きがある

ホルモンバランスを自分で整えるためには

まず、ホルモンバランスが乱れる大きな

原因とされる不規則な生活習慣を正す事が

大切ですから、睡眠不足が続かないように

するなど睡眠時間の確保に注意するのは

もちろんですが、眠りを誘うホルモンである

メラトニンが活発になるのが午後10時から

午前2時までの間と言われているので、

この時間帯に眠りにつくように心がけたい

ところです。

睡眠は“質”が大事!

Sponsored Links

睡眠については時間だけではなくその質も

非常に重要であり、深い眠りを表すノンレム

・浅い眠りを表すレム睡眠を交互にバランス

よく繰り返す事で眠りの質が良くなると

言われているので、部屋の温度・湿度・音・

光などの環境をリラックスできるように改善

して寝室環境を整えたり、眠りを妨げて

しまう就寝前の食事やテレビ・スマート

フォンの画面を見るなどを避ける対策が

効果的です。

女性ホルモンの分泌を促進する栄養素は?

また、甘いもの油ものが多い食生活や肉類

中心の食生活など偏った栄養バランスの食事や

魚類を中心とした栄養バランスの良い食事を

毎日続ける事が大切ですし、女性の場合は

エストロゲン様作用を持つイソフラボンを

多く含む大豆食品や女性ホルモンの分泌を

促進する働きがあるビタミンE・B6などの

栄養素も意識して摂取する事が大切です。

ただ、最近は生理前にイライラしたり食欲が

増したり乳房が張って痛くなる「PMS」と

呼ばれる症状を改善する効果が確認された

「テアニン」というお茶に多く含まれる

アミノ酸など、ホルモンバランスを整える

作用を持つ成分を含むサプリメントも増えて

いるので、そういったサプリメントを利用

すれば手軽に摂取することができます

そこでおすすめのサプリメントはこちらです。

こちらのサプリは1ヶ月分、2700円が今なら1936円で

1日1粒と手軽に摂取できます。

手軽に摂れるサプリメントですが過剰摂取は

吐き気や腹痛などの副作用を誘発しかねない

ので用法・容量を守って飲みましょう。

ツボ押しも効果的

生活習慣の改善や食事以外でも

ホルモンバランスを自分で整える方法として

ツボ押しも効果的だと言われているので、

万能のツボと言われる親指・人差し指の付け

根に位置する合谷などのツボを刺激するのも

効果的です。合谷はこちらです⇓


http://ur0.biz/Kndn

まとめ

ホルモンバランスは

ストレスに対して非常に敏感なので、

アロマテラピーや好きな音楽を聴くなど

リラックスタイムを作ることも

ホルモンバランスを崩さない対策となります。

またウォーキングやストレッチなどの適度な

運動を定期的に行う事もホルモンバランス

を整えるのに良いと言われています。

ホルモンバランスを整えるにはストレスを

溜めない、必要な栄養素を摂るなどの

努力や意識しなければいけないことがあり

ますが、いっぺんに全部を実行することは

難しいと思いますので、できることからやって

みるといいと思います。それで効果が出て

くれば

“これ続けよう”

“ほかの方法も試して見よう”

となりホルモンバランスがもだんだん

整ってくると思いますのでぜひお試しください。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links