不飽和脂肪酸であるオメガ3は、私たちの

体にはなくてはならない必須脂肪酸でも

あります。脂肪を分解し、代謝させてくれる

役割がある脂肪酸ですが、ダイエットやメタ

ボリックシンドロームの予防には不適切なので

はないかと思われている方も多いようです。

それはあくまでも飽和脂肪酸(牛肉や豚肉などの油)

であって、不飽和脂肪酸は逆に中性脂肪の分解に

役立ってくれるのです。

なぜ、油脂分なのに中性脂肪分解に役立ってくれる

のか、またオメガ3とはどのようなものを指すのか、

そして、どのような効果があるのかを5つの理由と

共に詳しくお話していきます。
  

Sponsored Links

オメガ3ってどんなもの?

聞きなれない人も多いオメガ3って一体どんなものを

指すのでしょうか?

これは不飽和脂肪酸であり、植物性の油から摂取できる

ものを言います。

肉類から摂取できる油脂分である飽和脂肪酸は、

私たちの体でも作り出すことが可能ですが、不飽和

脂肪酸は食事から摂取する以外に方法がなく、

必要な脂肪酸でもあります。オメガ3には、α-リノレン

酸という成分が含まれており、この成分が体内に入る

ことでDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペン

タエン酸)に変換されます。DHAは、血液中の中性脂肪や

コレステロール値を下げる働きをしてくれます。

また、EPAは血液中の中性脂肪の濃度を下げてくれる役割

があります。これらの成分にプラスしてアレルギーを

抑えてくれる役割も持っているのです。

さらにα-リノレン酸を摂取することでうつ病にも効果が

あることがわかってきました。また、オメガ脂肪酸には

3・6・9と分類され、それぞれ油が取れるものによって

分類されています。私たちの健康に役立ってくれるのは、

その中でもオメガ3と分類されている油なのです。

ただし、体に良いからと過剰に摂取してしまうのは逆効果

になってしまいますので注意が必要です。

中性脂肪分解に役立つ5つの理由

Sponsored Links

オメガ3に含まれているα-リノレン酸が体内で、DHAと

EPAに変換されることにより、中性脂肪分解に役立たせる

ことができることがわかりました。

では、オメガ3が中性脂肪分解に役立つ5つの理由

まとめてみましょう。

(1) 中性脂肪の代謝を促進してくれる
  エネルギーに変換することで、中性脂肪を消費する効果
  があります。

(2) 中性脂肪を作らせない
  体内で脂肪を再合成する物質を作らせないことで、脂肪に
  なりにくくする効果があります。

(3) 脂肪分解を活性化する
  脂肪を分解してくれる酵素を活性化し、分解を促して
  くれます。

(4) 中性脂肪の分泌を抑制してくれる
  肝臓から血液に送る中性脂肪の分泌を抑えてくれる働きを
  します。

(5) 悪玉コレステロールの働きを抑えてくれる
  体内の悪玉コレステロールの働きを抑え、コレステロール
  値を下げる働きがあります。

この5つの理由によって、体内で中性脂肪が蓄積されずに

分解してくれる為、中性脂肪自体が減少します。

また、中性脂肪を体内で作らせないようにする働きもある為

ダイエット効果にも期待がもてるのです。

さらに、オメガ3にはアンチエイジング効果も期待できる為

体内の老化を予防してくれます。

オメガ3を効率よく摂取する方法

オメガ3が含まれているものは大きく分けて4つあります。

(1) 魚類
 オメガ3が豊富に含まれていることがわかっている
 のは、魚類です。特にマグロの脂身がおすすめ。また、
 ブリやイワシ、サンマなども良いでしょう。

   
(2) クルミやナッツ類
 オメガ3を多く摂取したい時には、
 クルミがおすすめ。含有量がとても多く、他のナッツ類の
 約3倍とも言われています。

(3) 亜麻仁油(アマニユ)
 あまり馴染みのない油の一種では
 ありますが、亜麻という寒冷地で栽培されている植物の種から
 抽出されているものです。
 成分の半分以上がオメガ3ということもあり、スプーン1杯
 程度で1日量を摂取できるとも言われる優秀な油です。

(4) エゴマ油
 胡麻の油ではなく、シソ科の植物から抽出された
 油です。こちらもあまりメジャーな油ではありませんが、
 含有率が6割と高いです。

  これらの食品、または油から摂取することができるのですが、
  一つだけ注意しなければならないことがあります。
  それは、加熱処理をしないということ。加熱処理をしてしまう
  と効果がなくなってしまいますので、必ず生のまま摂取しま
  しょう。サラダなどに直接かけたり、マグロならば刺身など
  として食べることがおすすめです。

まとめ

オメガ3が中性脂肪にどのように役立ってくれるかを5つの理由と

共に説明してきました。人間の体内で生成できないものですから、

食事から摂取するしか方法がありません。中性脂肪やコレステ

ロール値で悩んでいる方は積極的に摂取するようにしましょう。

また、健康に良いからといって、過剰摂取しないように注意

しましょう。食事として取り入れる際には、加熱処理をせずに

生のまま使用するように心掛けてください。スプーン1杯の油を

飲むのは難しくても、サラダなどのドレッシングにしてしまえば

簡単に摂取できますので試してみましょう。

購読ありがとうございまし(^^)

Sponsored Links