ファイトケミカルという言葉をご存知で

しょうか。

野菜や果物、豆類、芋類、海藻、お茶、ハーブ

などの植物性食品の色素・香りなどいくつかの

成分から発見された化学物質のことで、抗酸化力

や免疫力のアップといった健康維持や改善に効果的

だといわれています。サポニンフラボノイド

そんなファイトケミカルのパワーを持つ代表的な

成分なのです。フラボノイドに含まれる成分は

種類がいくつかありますので様々な野菜や果物

などから摂取することができ、サポニンは大豆や

高麗人参などに豊富に含まれている成分です。

これらのモツパワーを知っておきましょう。

サポニンのパワーとは?

大豆や高麗人参などに豊富に含まれているサポニンは

抗酸化作用があることで有名です。さらに脂質や

コレステロールなどを排除する作用が期待できます。

発見されたのは1854年頃でしたが、最初見つけ

られたものはパナキロンという名前でした。実は

サポニンには独特の特徴があり、それは水に溶け

にくい泡を発生させるというものです。例えば大豆を

煮た時に泡がたくさん出てなかなか消えませんが、

あれがサポニンなのです。なんと平安時代頃にはこの

サポニンのパワーを利用してシャンプーとして使って

いたとされています。それというのも殺菌や抗菌作用が

高く、抗炎症作用もあり、疲労回復・免疫力のアップ、

血流改善、脂質や糖質の代謝促進効果、リラックス効果

なども期待できます。特にこのサポニンを豊富に含んで

いるのが高麗人参や田七人参など漢方薬としてもよく

使われているものです。特に田七人参は「金不換」

と呼ばれるほど価値が高いものといわれており、

高麗人参と共に人気のサプリメントの素材の一つと

なっています。また自律神経のバランスを整える効果が

期待できるため、女性の場合は更年期障害の改善にも

役立ちます。サポニンは健康維持という意味ではやはり

欠かせない成分でしょう。

サポニンやフラボノイドのデメリットってある?

サポニンもフラボノイドも体にとても良い効果がある

ことは確かですが、サポニンやフラボノイドを摂取する

ことによるデメリットはあるのでしょうか?。

サポニンはその含まれている植物によっては毒性も

ありますので気をつけなければいけません。デメリット

としていわれているのは溶血作用で、サポニンの界面

活性作用は細胞膜を破壊、赤血球も壊してしまいます。

さらに悪玉コレステロールだけではなく善玉コレステ

ロールも分解するというデメリットもあります。

ただしこれらに関しては過剰摂取した場合ですので、

適切な量を摂取している分にはそれほど心配すべき

ことではありません。またフラボノイドの副作用は

ほとんどないといわれていますが、サポニンと同じく

過剰摂取をしてしまった場合にグレープフルーツなど

に含まれる柑橘類ビオフラボノイドはカフェインや

エストロゲン、クマリンなどの分解を阻害してしまう

可能性があるため、注意しましょう。どちらの成分も

適切な摂取量を守って飲んでいれば何か体に悪い効果

が出てしまうということもほとんどないので安心して

飲める成分であるというのがわかります。どのサプリ

などもそうですが、過剰に摂取すれば効果も高まる

というわけではないので、用法用量をきちんと守りま

しょう。

まとめ

サポニンもフラボノイドも健康効果が非常に高いことが

わかりましたが、これらを含むどんな素材を使っている

サプリを飲むのかというのは迷うところですが、効果に

関しては実際に飲んでみないとわからないので、もし

お試しサイズなどがあればそれをまず飲んでみて体の

調子が良かったかどうかを比較してみると良いです。

気をつけなければいけないのは素材に自分のアレルギー

物質が使われていないか確認をしておくことです。

せっかく購入してもアレルギー反応が出てしまって

逆効果だったというのは残念ですから、前もって成分や

含有量などもチェックしておきましょう。

購読ありがとうございました(^^)