現代の日本人にはメタボリック

シンドロームの人が

男性が31%女性が20%ほどいる

そうです。

ということは男性は3人に1人が

女性は5人に1人がメタボに

該当しているのです。

多いと思いますか?

思ったより少ないですか?

そこで今回は、

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックの基準は?

メタボリックとBMI

についてお伝えします。

  

Sponsored Links

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームを「肥満」

だと理解している人が多いと思いますが、

実はそうではありません。

メタボリックとは代謝シンドロームは

症候群という意味で、その言葉が意味する

ように何らかの事情で身体の中で代謝が

うまくいかず、それが原因で様々な病気に

なってしまう可能性がある状態を示している

ということなのです。

「メタボリックシンドローム」は病気の

名前ではなく、内臓脂肪型肥満・高血圧・

高血糖・高脂血症が重なって症状として

現れる状態をさしています。

その原因が代謝異常、つまりメタボリックの

異常が引き起こしているということから、

それらを総称してメタボリックシンドロームと

呼ばれているのです。

メタボリックシンドロームによって引き起こ

される病気は、生活習慣病と言われ、TVや雑誌

などで頻繁に取り上げられています。

では、なぜこんなにメタボリックシンドローム

に注目が集まったのでしょうか。

日本人は元々農耕民族で肥満とは縁のない

人種のはずでしたが、近年の食の欧米化や

ストレスの増加、運動不足からメタボリック

シンドロームに陥っている、またはその予備軍

が増加しているからです。

日本の死亡率の上位を占める、がん・心疾患

(心筋梗塞・狭心症など)・脳血管疾患

(脳梗塞・脳出血など)を引き起こすのが、

代謝異常からなる内臓脂肪型肥満だと

言われていることから、メタボリック対策に

政府も力を入れているのです。

メタボの基準は?

Sponsored Links

メタボリックシンドロームとは代謝異常から

くる肥満と同時に、高血糖・高脂血症・高血圧

のうち2つ以上重なった状態を言います。メタボ

リックシンドロームと診断される基準は、国に

よって決められています。日本のメタボリック

シンドロームの基準は、肥満認定について、

腹囲が男性85cm以上女性90cm以上の状態または

BMIが25以上であること、高血糖の認定については

空腹時の血糖値が110mg/dl以上であることとなって

います。また、高脂血症については、中性脂肪値が

150mg/dl以上または善玉コレステロール値が

40mg/dl未満であること、高血圧については上が130、

下が85以上であること認定されますが、これらの

基準のうち肥満に加えて1つでも認められる場合は

メタボリックシンドロームだと診断されます。

メタボリックシンドロームは肥満であることが

第一条件ですが、この肥満を認定するための腹囲の

サイズは、それだけで肥満と判断するには乱暴な

方法だと思われがちです。しかし、メタボリックの

腹囲は、身体に悪影響を与える内臓脂肪の面積100平方

センチに匹敵する腹囲を表すと男性85㎝、女性90cmと

なるといいます。

よって腹囲のサイズだけでメタボリックシンドロームの

肥満診断は出来るのです。

メタボとBMIの関係は?

メタボリックシンドロームで一番重要なの

は肥満に陥らないことですが、基準になる

体重はどのように決まっているのでしょうか。

メタボリック診断において、肥満度を測るのは

おなか周りのサイズ(くびれ部分ではなく、

へその位置で測定)で、体重と身長から肥満

指数を導き出し、肥満度を知ることが出来ます。

肥満指数の計算式は、

体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}=

BMI(肥満度)

となっていて、この公式によって出された数値が

25を超える場合は肥満だということになり、

出た数値が25を超える方は、メタボリック

シンドロームの健診を受けて合併症がないか調べて

みることをお勧めします。BMI指数が25を超えた

からといって、メタボリックだと診断は出来ませんが、

肥満が糖尿病・高脂血症・高血圧などの病気を引き

起こす原因の一つになることがわかっていますから、

BMI25を超えたらメタボ健診をしてみましょう。

BMI指数25はメタボリックを心配する一つの基準に

なりますが、25を超えた後は肥満度1から4まで

段階があります。肥満度が1から4に上がるにつれ、

メタボリックの心配が増していくと言えます。

メタボリックの危険が生じるBMIの数値は

25~30未満は「肥満度1」

30~35が「肥満度2」

35~40が「肥満度3」

40以上を「肥満度4」

となります。

まとめ

今回はメタボリックシンドロームについて

またメタボリックの基準やBMIについて

お伝えしてきましたが、いろいろな弊害を

もたらすメタボリックにならないことは

大切ですが、なんらかの原因で肥満体型に

なってきた場合、メタボの基準値になる数字を

覚えておいてBMIの数値を上げないように

気を付け、たまにはストレスを発散し身体に

負担にならない程度に運動も取り入れ

いつまでも健康でいられるといいですね。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links