男性がメタボリックになる割合は

約3人に1人と女性の約5人に1人

に対して多いです。

男性の方が働いている人の割合が

高いことが関係しているようです。

そこで今回は、

男性のメタボリックの対策

隠れメタボリックについて

お伝えしたいと思います。

  

Sponsored Links

男性のメタボリック

メタボリックシンドロームは男性と女性

では少し違っているようですが、男性の場合

には50歳代から心筋梗塞などの心疾患・

脳梗塞などの脳血管疾患になる人が増加

することがわかっています。そしてそれらの

疾患はメタボリックと深い関係があること

から50歳前後の男性に特にメタボリック

診断が重要になると言えます。

働き盛りの中高年はある程度稼ぎもあり

仕事の帰りに飲み屋に寄り多い、脂っこい

ものをたくさん食べると同時に暴飲暴食に

なり会社でのストレスもありさらに運動不足

・・そんな男性も少なくありません。その

ような生活をしていると内臓脂肪の量を増大

させます。そして中年太りの状態に陥り、

それがメタボリックシンドロームにつながり

ます。男性のメタボリックシンドロームを改善

するのは難しいとされています。そのわけは

男性は職場環境の変化に期待が出来ないうえに、

食生活についてチェックが出来ないので自分

本位の偏った食事を続けてしまうことになり

がちで、それがメタボリック対策を遅らせて

しまう原因になってしまうという理由からです。

働き盛りで大変な日常を送っているのは

わかりますが、職を退いてからも人生は

長いです。ですから隠居後も有意義な

人生を送れるように、メタボリック対策に

力を入れるべきです。メタボリックが世間

で注目されている今、多くの飲食店や社員

食堂などでメニューの栄養表示をすること

で、自分の食事に関心をもたせようという

試みが行われています。

また、社内に食堂のある会社では様々な

種類の小鉢を用意して、いつもの食事に

野菜や健康に良いメニューをプラスさせてメ

タボリック対策をしている企業もあります。

男性のメタボリック対策

男性も女性も中高年になると

メタボリックシンドロームに陥る

危険があります。メタボリックを

解消するにはバランスの良い食事で、

食事量も適正でなければなりませんが、

これは男女で取り組み方が違います。

男性の場合、食事を自分で用意する

人は少なく、日中の多くの時間を会社

などで過ごしているために、メタボ

リック対策を外食中に心がけなければ

なりません。外食では、自分が食べたい

ものを選択できることから栄養が偏り

やすく、ご飯がすすみやすいように

味付けを濃くしていることから通常より

食べ過ぎてしまうことが多いので、メタボ

リックには大敵です。さらに男性の外食の

恐ろしいところは、メタボリックに大きく

作用する飲酒を伴うと言う点です。

人間は、脂肪と炭水化物をエネルギーに

変えて生きていて、余った分は中性脂肪

となって溜め込まれてしまい、これが

メタボリックの原因になるのですが、

飲酒によるアルコールを分解する際にも

中性脂肪が作られてしまうのです。

メタボリックに陥っている男性で外食が

多い人は、食べ過ぎに加え、アルコール

でも中性脂肪をたくさん作り出してしまい、

生活習慣病に陥る可能性が高くなります。

男性のメタボリック対策で有効なのは、

外食と飲酒の際に細心の注意を心がけて

適度な量に収める努力をすることです。

Sponsored Links

隠れメタボリック

「隠れ肥満」という言葉を聞いたことが

あると思いますが、ここでは

「隠れメタボリック」

について考えてみましょう。隠れメタボ

リックとは、つまり「隠れ内臓脂肪型肥満」

のことです。

隠れ内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪による肥満

と見た目に違いがあるとされていて、メタボ

リックである内臓脂肪型肥満はリンゴ型という

タイプに分類されています。メタボリックの

肥満は内臓についているので、一見やせていても

おなかだけ出てしまっているように見えるのが

特徴です。体重にかかわらずリンゴ型の体型に

プラスして、中性脂肪や血圧や血糖値を調べて

値が高い人は、メタボリックを疑った方が

良いでしょう。メタボリックシンドロームは

まず肥満かどうか調べますが、その際へそ周りを

測ります。ウエストだと考えて一番細いところを

測ってしまいがちですが、へそまわりと決められ

ていますから間違えないように測定しましょう。

へそまわりを測って基準値(男性85cm・女性90cm)

に満たなくても、リンゴ型か洋ナシ型のうちリンゴ型

だと感じたら、メタボリック健診を受けてみるか、

内臓脂肪を落とす対策をとる事をお薦めします。

簡単なメタボリック対策としては、歩く機会を

なるべく増やす・間食を抑える・バランスの良い

食事の摂取・食事量のコントロール(おなか

いっぱい食べない)などの日々の努力が必要です。

まとめ

今回は男性のメタボリックや

男性のメタボリックの対策、また

隠れメタボについてお伝えして

きましたが、お伝えしてきました

ように男性のメタボ対策はやはり

毎日の食生活に気を配るべきである

ことがわかります。

そしてそのことにプラスして、

特に中高年お男性は健康診断の数値

の変化にも敏感に反応する必要も

でてきます。

“お腹周りも増えたけど少しだから

 大丈夫”

そんなことを言ってないで、早めに

対策をして、メタボにならないように

気を付けましょう。

購読ありがとうございました(^^)
メタボリックと年齢の関係や遺伝と基礎代謝の関係は?