高血圧に悩む人は年々増加しており

患者数は4000万人を超え

いわゆる「よくある病気」の1つですが

高血圧を放っておくと動脈硬化や脳梗塞

などの合併症を招きますので、それを防ぐために

治療が必要です。

今回は高血圧の治療の流れ

民間療法についてお伝えします。

  

Sponsored Links

高血圧治療の流れ

体調が良くない、また検査結果でなどで

自分が高血圧である事が分かったら、

動脈硬化などのを合併症防ぐために診察して

もらい医師と相談しながら治療計画をたてます。

高血圧はその時の状態に応じてこれから

どのように治療を進めて行くかを決めて

行きます。

まずは治療の流れを把握して生活習慣の

見直しや生活への運動の取り入れ方などを

理解し、症状に応じて段階的に進めま

しょう。高血圧の治療は、第一に血圧を

正常に保てるようにコントロールして

合併症を防ぐことが先決です。

合併症を起こすと、高血圧治療も慎重に

進めなければならず、リスクも高まるわけ

ですので、より注意が必要になってきます。

治療の流れは、詳しい検査による結果や

問診などで自分がどのような生活を送って

いるかのチェックを行い、食生活や運動

不足解消になるよう、生活面から普段の

生活を見直します。高血圧の初期や軽い

レベルであれば生活習慣の改善だけでも

十分に効果が期待できます。

生活習慣の改善だけでは不足な場合は、

薬物治療で血圧を下げるようにして

いきます。薬物治療は降圧剤で血圧の

コントロールを行い、合併症を防いだり

臓器へのダメージを減らします。

高血圧の治療は身体に無理がないように

行いながら健康的な生活が自然に身に付く

ことが望ましいとされますので時間を掛けて

治療が進められます。また効果も人によって

早かったり遅かったりするため、生涯に

渡り高血圧の治療を続ける人も少なく

ありません。

そしてすでに合併症を発症している場合は、

特に経過に注意して、症状が悪化しないよう、

より厳重に高血圧治療を進める必要があります。

高血圧とタイプ別の民間療法

Sponsored Links

高血圧の治療に民間療法を活用する方もいます。

民間療法とは民間で発見された方法で

通常医療に含まれない方法のことを

いいます。

高血圧の民間療法には、血圧を下げる

働きを持つ食べ物やお茶などが知られて

います。

血圧を下げる食品には、バナナ、大根、

しいたけ、ナス、りんごなどが挙げられ

ます。高血圧には塩分の摂りすぎは

NGです。ですので味付けしないで

食べられるメニューを工夫してみま

しょう。食べ物のほかに血圧を下げる

効果があるとされる飲み物もあります。

飲み物ですと玉ねぎの一番外側の皮を

煮だしたものや

煎じた物や、乾燥させた柿の葉、

どくだみをお茶代わりにしたり、

昆布などのヌルヌルした部分に含まれて

いるアルギン酸が血圧の上昇を抑える

作用があり昆布水も人気があります。

高血圧に良いとされる漢方薬も

あります。高血圧に効果的とされる漢方薬

には、いろいろな種類があり体質や症状

などで処方される漢方薬が違います。

・実証タイプ

実証タイプの人の特徴は筋肉質で体力が

あり疲れにくく、性格は積極的で食欲旺盛

で食べる量も多く早食いそんな実証タイプ

におすすめの漢方薬は

大柴胡湯(だいさいことう)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

・虚証タイプ

このタイプの人は実証タイプとは

逆で体格は細身で疲れやすく小食です。

また消極的で声が小さくひ弱な印象です。

虚証タイプにおすすめの漢方薬は

八味地黄丸(はちみじおうがん)

・中間証タイプ

中間証タイプとは、実証タイプと虚証タイプ

のどちらとも言えず、両方の特徴を半分づつ

くらい持っている人のことをいいます。

中間証タイプにおすすめの漢方薬は

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつ

 ぼれいとう)

釣藤散(ちょうとうさん)

血圧を下げる漢方薬はこの他にも多種に

及ぶとされています。

高血圧に良いとされる民間療法や

漢方薬には、血液の流れを良くしたり、

血圧の上がりにくい体質へと改善する作用

を持つものが多く、降圧剤のように効き目

が早い訳ではありません。また、副作用や

安全性に疑問も残りますし、高血圧で

合併症を発症したり、高齢である場合は

返って体調を崩すという可能性もあり

慎重に利用することが必要です。

まとめ

今回は高血圧の治療の流れと

タイプ別による民間療法についてお伝え

してきました

が高血圧は自覚症状があまりないために

自分が高血圧であることが発覚しにくく

気が付いた時には合併症を引き起こして

いる場合もありますので、

血圧が高めの方は普段から気を配っておく

必要があり、たまに高い時があるという

程度ならさほど心配はないですが、血圧が

高い状態が続くようなことは避けなくては

いけません。

まずは手軽にできる、血圧を下げる

食品を食べたり、お茶を飲んだりという

ことから始めてみてはいかがでしょうか。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links