「毛細血管」という名前はよく聞く

と思いますが、一体どんな血管で

どんな役割を果たしているのかは

知らない方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな毛細血管の役割

ゴースト化についてお伝えします。

Sponsored Links

毛細血管の役割って?

毛細血管は文字通り毛のように

細い血管で大動脈が直径25mm~30mm

あるのに対し、毛細血管は0.005~

0.01mm程度しかなく髪の毛より細い

のです。

ですがそんな毛細血管はなんと全身の

血管の99%(残りの1%が動脈と静脈)

をしめており、その役割は

酸素と栄養素を身体全体に届け二酸化

炭素と老廃物を回収するというものです。

これは動脈にも静脈にもなく毛細血管

だけが持つ働きなのです。

毛細血管のゴースト化って?

Sponsored Links

「毛細血管のゴースト化」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか。

毛細血管のゴースト化は字のごとく

血管が消えてなくなってしまうことを

いいます。

毛細血管は壁細胞(へきさいぼう)という

細胞に覆われていて血管である状態を

保っていますが、加齢と共に壁細胞が

はがれ落ちていきます。

すると毛細血管はその状態を保てずつぶれ

てぺしゃんこになり、いずれなくなって

しまいます。これが毛細血管のゴースト化

です。

毛細血管のゴースト化の原因は?

毛細血管のゴースト化の原因は加齢だけで

なく生活習慣による影響が大きいです。

運動による影響

毛細血管のゴースト化の防止には運動を

することは大切ですが、激しい運動の

やりすぎは活性酸素が出るため毛細血管の

細胞にダメージを与えることになります。

食事による影響

食事も食べる物によっては毛細血管を

衰えさせてしまいます。

毛細血管が衰えていく原因となるのは

AGEといわれる物質で糖とタンパク質が

熱せられてできる物質で、肉などの動物性

脂肪を加熱したものに多く含まれており

その7%は蓄積し毛細血管に悪影響をおよ

ぼしてしまいます。

まとめ

今回は毛細血管の役割やゴースト化に

ついてお伝えしてきましたが、毛細血管は

全身に酸素と栄養素を身体全体に届ける

大切な働きをする血管です。その毛細血管が

ゴースト化して消えてしまうと胃腸や肝臓

など身体のいろんな臓器に悪影響を及ぼし

ます。その影響は臓器だけにとどまらず

肌にも表れます。ですので毛細血管の

ゴースト化が進んでいる人は顔が

“見た目の割には・・”

という風に見えてしまいます。

ウオーキングなどの軽い運動を取り入れ

動物性の脂を摂りすぎないよう注意が

必要です。

購読ありがとうございました(^^)