毛細血管のゴースト化は身体の

いろんな部分に影響を与えますが

一番は“肌”に影響することを

ご存知でしょうか。

今回はゴースト化の影響が最も大きい

のは見た目?毛細血管を増やす方法は?

などをお伝えします。

  

Sponsored Links

ゴースト化の影響が最も大きいのは肌?

毛細血管のゴースト化によって出る

症状は身体の内側に外側にと

さまざまですが、その中でゴースト化

の影響がもっとも大きいのはなんです。

肌は身体の一番外側にあるため、毛細

血管が消えることにより、酸素や栄養素

が行き渡らなくなり、しみ・しわ・たるみ

が増える原因になります

また、肝臓や腎臓や肺などの内臓にも

多くの毛細血管があり年を重ねるごとに

減少します。若い頃はお酒がたくさん

飲んでも大丈夫だったのに、年をとったら

飲めなくなったという人は肝臓の毛細血管が

減っことが原因です。

1週間でできる毛細血管を増やす食材

Sponsored Links

1週間でできる毛細血管を増やす食材とは

八つ橋の風味付けなどに使われる

ニッキです。

ニッキには毛細血管の構造を安定化させる

働きがあります。

ですのでニッキを摂り続けていれば

毛細血管は加齢によって老化や劣化しづらく

なるのです。さらにニッキの原材料は桂皮なの

ですが同じ桂皮を原料とするシナモンにも

毛細血管を増やす効果があります。

1日に必要な摂取量はわずか0.6gです

食べ物以外で毛細血管を増やすには?

毛細血管を増やすのは、食べ物だけでは

ありません。

毛細血管の約7割は手と足にあります。

ですので、かかとを上げ下げする運動や

手でグーとパーを繰り返すという行為

でも毛細血管を増やすことができます。

この“かかと上げグーパー体操”を朝晩

20回行うだけで、毛細血管を増やす

効果が得られます。

自宅でできる毛細血管の簡単チェック

毛細血管の量は多くの血管が通う

舌でチェックができます。


右側の写真の舌は、舌の外側に

多くの歯型が付いています。このように

歯型が付くのは毛細血管でうまく水分や

老廃物を回収できず舌がむくんでしまう

からなのです。

あなたの舌は大丈夫ですか?

まとめ

今回は毛細血管のゴースト化や

毛細血管を増やす方法などについて

お伝えしてきましたが、毛細血管は

日々変化しやすいため、ニッキやシナモン

を摂り続けたり、かかと上げグーパー体操を

行うと1週間で毛細血管を

増やすことができますが、

“1週間続けたし増えただろうからもう

 いいだろう”

と毛細血管を増やす努力を怠るとすぐに

毛細血管はまた減ってしまいます。

ですから毛細血管の量を減らさないためには

毎日続けることが必要なのです。

ニッキやシナモンなら0.6g体操なら朝晩20回

どちらも難しいことではありませんので

いつまでも若々しく居られるために頑張って

続けましょう。

購読ありがとうございました(^^)