“秋”という季節は春と同じように

朝晩の気温の差が大きくなる季節

です。1日の最低気温と最高気温

の差が10℃以上になる日があることも

あります。ですが人間の身体は本来

脳や内臓が正常に機能するために体温

を一定にしようと働きます。ですので

寒さを感じた時は手や足の先の血管を

収縮させることによって身体の温度が

外に逃げないようになっています。

この体温を一定に保つ働きは自律神経

行っていますが、自律神経が乱れると

寒さを感じても血管が収縮しなくなり

体温を一定に保てなくなり結果体温を

保つ機能がうまく働かなくなり秋の大きな

温度差に身体がついていけなくなります。

なぜ自律神経が乱れるのでしょうか?

今回は秋バテの原因や秋バテの症状、

秋バテの解消法についてお伝えします。

  

Sponsored Links

秋バテの原因はクーラーの使い過ぎ!?

秋バテの原因・・

それは、夏場の暑い時のクーラーの使い過ぎ

によるものなのです。

クーラーを付けっ放しにすると体温は

ほぼ一定に保たれます。すると自律神経

は働かなくてよい状態になり自律神経

の働きが鈍くなるのです。そのことにより

秋になり気温の寒暖差が激しくなった時期

に自律神経がちゃんと働かないせいで身体

が寒暖差について行けなくなり秋バテの

状態を引き起こします。

秋バテの症状って?

Sponsored Links

暑い夏を越して過ごしやすい秋がやってきた

はずなのにそんな秋に訪れる秋バテの主な

症状としましては

・眠れない

・だるい

・食欲がない

・疲れが取れない

これらの症状が、秋になってある方は

秋バテかもしれませんよ。

秋バテの解消法は?

秋バテの原因は自律神経の乱れから来る

ものですので、秋バテの解消には自律神経

を刺激して自律神経の乱れを元に戻すことが

大切です。

大股で歩く

自律神経は運動することによって刺激され

ますが、普段から運動をする習慣のなく

いきなり運動をするのには抵抗がある人

少し辛いくらいの大股で歩きましょう。

それだけでも自律神経が刺激されます。

ぬるま湯を足にかける

さらにお風呂で湯船から出たあと洗面器に

湯船の湯を入れ、そこに水を足しぬるま湯

にしてそれを足のひざから下にかけること

により交感神経を刺激し、血管をさせる

効果もあります。

さらに少しずつ水の量を増やして温度を

下げたものをかけることによりその効果は

高まります。

寝る前に白湯を飲む

白湯(さゆ)を飲むことで身体がリラックス

をし副交感神経を優位にしてくれます。

ですので寝る前に飲むことで安眠効果が

得られます。

副交感神経を高めて眠ることは自律神経を

整えることにつながります。

大豆製品を食べる

自律神経は、基礎代謝が低いとうまく働き

ません。大豆を食べることで基礎代謝が

高まり自律神経が整いやすくなります。

まとめ

今回は秋バテについてお伝えしてきましたが

“やっと過ごしやすい秋が来たのに

 だるくて動きたくない”

そんな体調だと紅葉も食欲の秋も楽しめなく

なってしまいます。夏が暑ければ暑いほど、

クーラーを使う時間が長くなり秋になって

から来る秋バテの症状は重くなります。

今回ご紹介した秋バテ解消の方法は簡単な

ものです。

上手に活用して楽しい秋を過ごし冬に

備えましょう。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links