七五三は文字通り、3歳、5歳、7歳に

行うわけですが、女の子は3歳と7歳に行う

ことが一般的ですが、男の子は何歳の時に

行うとよいでしょうか?

そして早生まれの場合は何歳の時にやるの?

などをご紹介します。

Sponsored Links

七五三はいつやるの?

七五三は3歳、5歳、7歳の時に

行いますが、何月に?ということに

なりますと、11月15日に行うのが一般的

ですが混雑をさけ、10月上旬から12月上旬に

行う方もいます。

余談ですが、スタジオアリスさんでは

七五三のピークである11月より、

10月や12月にお参り用の着物を

レンタルすると安いですよ!

七五三はいつやるの? 男の子は?

七五三は男の子は3歳と5歳の時に行う

のが一般的とされています。

もちろん3歳の時の七五三にも5歳の時の

七五三にも意味があります。

3歳の時に行う七五三の意味は?

「髪置(かみおき)の儀」とし

3歳で髪を伸ばし始める儀式とされ

男の子と女の子が対象です。

これは江戸時代には3歳までは髪を剃る

習慣がありそれを終える意味での儀式。

男の子の5歳の時の七五三の意味は? 

「袴着(はかまぎ)の儀」とし、男の子が

袴を着用し始めるという意味の儀式です。

という事で男の子が対象です。

ちなみに7歳の女の子が対象の七五三は

「帯解きの儀」とし、女の子が幅の広い

大人と同じ帯を結び始める意味の儀式です。

ということで男の子の七五三は3歳と5歳の

時に行うとされていますが、

地域によっては5歳の時のみに行う

と言われていますが、調べてみると

地域というよりは、

各ご家庭のご都合のようですよ(;^_^

でも5歳の時のみ七五三をやる

ご家庭の方が多いようです

七五三はいつ?早生まれの場合は?

Sponsored Links

七五三は早生まれの場合は

いつやればいいんだろう?

と思っておられるお父さん、お母さんも

多いと思います。

調べてみると、数え年でも満年齢でも

どちらでもよい。

とのことです。

でも満年齢なら、同級生と一緒に七五三を

やることができますよ。

満年齢とは、生まれた年を0歳と数え

誕生日を迎えるごとに1つ年齢が増える数え方

のとこで生れた1年後の誕生日に1歳となります。

それに対し数え年とは、生まれた年を1歳と数えます。

そして次の元旦に1つ年齢が増えるという

数え方です。

ですので、2017年の12月31日に生まれた赤ちゃんは

2018年の1月1日には2歳ということになるんです。

数え年で今何歳なのかを知りたいときは

「元旦から誕生日前までは満年齢+2歳」

「誕生日当日から12月31日までは満年齢+1歳」

で数えてみましょう。

まとめ

・七五三を行うのは基本的には

 11月15日ですが、混雑をさけ

 10月上旬から12月上旬に

 行うのもあり!

・男の子の七五三は3歳と5歳の

 ですが、5歳の時にのみ行う家庭が

多いようです。

・早生まれの子が七五三を行う場合は

 「数え年」「満年齢」でもどちらの数え方で

 年を数えてもOKですが、満年齢で数えて

 行えば、同級生と一緒に七五三をやる

 ことができる。 

いかがでしたでしょうか。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links