「今年も寒くなってきたし、そろそろファンヒーター

出さなきゃ・・あ、去年の灯油残ってるけど

大丈夫かなぁ?

そんな風に思う方も多いのではないのでしょうか?

今回は、去年の灯油は大丈夫なのか?劣化の確認方法と

去年の灯油が使えない場合のオススメの処分方法を

をご紹介します。

Sponsored Links

去年の灯油は大丈夫?

去年の灯油が大丈夫なのかどうかは、灯油の劣化の

状態によります。 

灯油が劣化しているかどうかは、灯油を使用してない

夏場の保存の方法によります。

大抵のご家庭では、18リットルか20リットル入りの

ポリタンクで保存されていると思いますが、その

ポリタンクを直射日光に当たらない場所に

置いているかどうかです。

そしてなるべく高温多湿を避けるように

しましょう。

さらにポリタンクは満タンにしておきましょう。

満タンにしていないと、寒暖差でポリタンクが

結露し、その水滴が灯油に混じります。

水分が混じった灯油がファンヒーターや石油ストーブに

入ってしまうと、不完全燃焼の原因になります。

灯油 劣化の確認方法は?

灯油は劣化すると、元々は透明だったものが

少し黄色くなります

こんな風に変色していると灯油を噴射する部分?が

詰まる原因になります。

さらに臭いが明らかに

灯油のものでないなぁ、と思った時は

ケチらず、処分しましょう。

灯油が劣化した時のオススメの処分方法は?

Sponsored Links

去年の灯油を“劣化してるから使うの止めとこう”となった時は

川や側溝に流すわけにはいきません。

トイレに流すことも環境破壊になるので

やっちゃダメです。

少量の場合

残っている灯油が少量なら新聞紙や布に

染み込ませ、さらに濡れた新聞紙に包み

可燃ごみで捨ててOKです。これなら自然発火

には至りません。

まとまった量がある場合

新聞紙で吸い取るには多いなぁ・・そんな量の

劣化した灯油がある場合の処分は、年中灯油を

使っている自動車整備工場やバイク屋さん

なんかだと引き取ってくれるでしょう

でも必要だろうからって、

“ほら灯油持ってきたから使いな!”

的な、どや顔でいきなり持っていくのは

やめましょう。

ちゃんと事前に

“あのぉ、ファンヒーターには使えなさそうな

灯油があるんですけど、引き取ってもらえないですかねぇ”

って電話を入れましょう。

近所や知り合いに、自動車整備工場やバイク屋が

なければ、近くのガソリンスタンドで

引き取ってもらいましょう

スタンドなら、灯油を買いに行くついでに

“去年の灯油引き取ってもらえないですかねぇ”

で(少なくともうちの近所のスタンドは)OKです。

まとめ

今回は去年の灯油は大丈夫か?

ということで書かせて頂きましたが

まとめとしまして

・去年の灯油は大丈夫かどうかは

 灯油の劣化次第

・劣化の確認方法は少しでも黄色くなってないか、

 臭いは変じゃないか

・もし去年の灯油が使えそうになかった場合は

 新聞紙や布に染み込ませて、さらに濡れた新聞紙に

 包んで可燃ごみ、もしくはガソリンスタンドなどで

 引き取ってもらう。

灯油の管理によっては灯油を無駄なく使えますし

ファンヒーターや石油ストーブの寿命にも

関わってきます。

限られた資源、しっかり管理して

大切に使いましょう(^^)

Sponsored Links