コロナのファンヒーターを使っていて

急に運転が止まってしまって

液晶の部分に(エラーコード)EF

と表示されていることありませんか?

コロナファンヒーターのエラーEF

についてご紹介します。

Sponsored Links

コロナファンヒーター エラーEFの原因は?

コロナのファンヒーターのエラーEFの原因は

過熱防止装置の作動のよるものです。

過熱防止装置が作動する時というのは

・温風空気取入口がほこりで詰まっている時

・温風吹出口がふさがれている時

と説明書には記載されています。

要はスムーズに背面から空気を取り入れたり

正面から温風をうまく吹き出すことができないと

ファンヒーター自体が熱を持ち危険だ!

ということでファンヒーターが自体が過熱し

一定の温度に達すると過熱防止装置が

作動するのです。

また、空気取入口のすぐ後ろにカーテンが

ありそのカーテンが空気の取り入れの邪魔をしていると

やはりエラーEFの原因になることもあります。

コロナファンヒーター エラーEFの対処法は?

コロナのファンヒーターのエラーEFの対処法は

ファンヒーターの正面に温風を遮るものが

あれば取り除きましょう。

また部屋のカーテンがファンヒーターのすぐ後ろにあれば

ファンヒーターをカーテンから離して置きましょう。

そして、背面の空気の取入口

にほこりが溜まっていれば本体が冷えてから

掃除機やブラシでほこりを取り除いて下さい。

ただしファンヒーターを台所で使用していると、

油を含んだほこりが空気取入口から入り、

その中のファンに付着することもあります。

そうなると空気取入口の網を取り外して

ファンを掃除する必要がでてきます。

空気取入口の網はビスで止まっているので

(参照⇓自分が使っているものでビス7個)

プラスドライバーを使って取り外すことはできますが、

取り外す場合は自己責任でお願いします。

空気取入口の掃除で、エラーEFが回避できた

のであれば本体が冷えていれば運転ボタンを

押せば運転が再開します。

ですが、掃除などの処置をほどこしてもエラーEFが

繰り返し表示される場合は、モーターの劣化や

送風モーターの軸受けの油切れなどでファンの回転数の

低下を招いているのかもしれません。

そのような場合は、ファンヒーターを購入した

販売店に相談するか、買い替えを考えた方が

良いかと思います。

コロナファンヒーター エラーEFの防止法は?

Sponsored Links

コロナファンヒーター エラーEFの防止法は、

ファンヒーターの正面に温風を遮るような

ものを置かない。

ファンヒーターの後ろにも空気の取り入れを

邪魔するようなものは置かない。

(邪魔するようなものからは離す)

週に一度程度、空気の取入口の掃除しましょう。

空気の取入口の掃除をすることで

エラーEFの出現の防止にもなりますし、

風量の減少を防ぐことにもなります。

また背面にフィルタを付けるなどしておくと、

良いかもしれません⇓

そしてついでに、その下にあるエアーフィルタの

掃除もしちゃいましょう⇓

このエアーフィルタがごみやほこりで

目詰まりすると、燃焼不良の原因になりますので。

エアーフィルタの掃除も掃除機かブラシで

行いましょう。

まとめ

コロナファンヒーター エラーEFの原因は?

・温風空気取入口がほこりで詰まっている時

・温風吹出口がふさがれている時

に自体が熱くなることにより

過熱防止装置が作動するため。

・コロナファンヒーター エラーEFの対処法は?

ファンヒータ―本体が冷えてから

空気の取入口を掃除する。

それでも解消されない場合は販売店に相談するか、

ファンヒーターを買い替える。

・コロナファンヒーター エラーEFの防止法は?

温風吹出口のすぐ前にものを置かない。

週に一度程度、空気取入口の掃除をする。

今回はコロナファンヒーター エラーEFに

ついて紹介させて頂きましたが、少しでも

あなたのお役に立てたら幸いです。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links