年賀状をお店に頼んで作成してもらう

場合は書き損じはありませんが

自宅で年賀状を書く場合、手書きでなく

パソコンとプリンターを使っても、

年賀状の書き損じは毎年何枚かは、

出るものです。

そこで、そんな

書き損じた年賀状の交換

に関してご紹介します。

Sponsored Links

年賀状を買い損じた場合コンビニで交換できるの?

年賀状はコンビニでも買うことができますし

切手を売っていたりゆうパックを

差し出すことができるなどの郵便業務を行う

コンビニもあります。

ですので、そういった郵便業務を行うコンビニ

であれば年賀状の書き損じたものを持っていけば

交換してもらえそうな気もしますが

コンビニで年賀状の書き損じたものを

交換してもらうことはできません。

コンビニでは、はがきや年賀状の販売は

していますが、交換をしてもらうことは

できません。

郵便局の郵便窓口で交換して

もらいましょう。

書き損じた年賀状の交換期限は?

Sponsored Links

ということで、書き損じた年賀状を交換

したい場合は郵便局の窓口へ年賀状を持って

行けば交換してもらえるわけなのですが、

交換期限はいつまでかというと、交換して

もらうものによって違います。

書き損じた年賀状を新品の年賀状と交換

してもらう場合は年賀状を販売している

期間内であれば、交換OKです。

2018年の年賀状ですと、販売期間は

2017年11月1日(水)~

2018年1月5日(金)

です。

年賀状以外のものと交換してもらう

場合は期間の期限はありません。

年賀状以外のものと交換に関しては

コチラを参照 

書き損じた年賀状の交換手数料は?

書き損じた年賀状の交換手数料は、

1枚につき5円です。

この手数料の5円は現金または

切手で支払うことができます。

ですので、5枚の書き損じた年賀状を

交換してもらおうと思うと、

52円(1枚)×5枚=260円ですので、

260円分の(販売期間内であれば)年賀状、

または普通切手やはがきなどに交換して

もらうことができますが5枚ですと手数料が

25円かかります。

まとめ

年賀状を書き損じた場合コンビニで交換できるの?

コンビニでは交換はできません。

郵便局の郵便窓口でのみ交換可能です。

書き損じた年賀状の交換期限は?

年賀状と交換してもらう時は

年賀状の販売期間内なら新しい

年賀状と交換可能。

年賀状以外のものとの交換なら

期限はない。

書き損じた年賀状の交換手数料は?

年賀状1枚につき5円。

自分は毎年、自分でパソコンで作成した

年賀状をプリンターでプリントアウト

してますが必ず、2~3枚の書き損じが

あります(>_<)

今年は1枚も書き損じを出さないように

・・できるかな(^^;

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links