日本人の多くが

“今年一年良い年でありますように”

とお願いをするために足を運ぶ初詣

せっかくお願いをするのですから

正しい参拝のやり方でちゃんと

神様に届くようお願いしたいですよね。

そこで、初詣で正しい参拝のやり方

鳥居のくぐり方。そして手や口の清め方

をご紹介します。

Sponsored Links

初詣の正しいやり方は?

初詣での正しい参拝のやり方ですが

よく言われるのが

「二礼二拍手一礼」

といわれますが、詳細があります。

1.神様に一揖(いちゆう)します。

 (胸の前で手を合わせ軽く一礼すること)

 お賽銭を入れる場合はこのタイミングで

 お賽銭を投げずに入れます。

 鈴があれば鳴らします。

2.深く二礼します。

3.二拍手

 右手を少し下げた状態で手を合わせ
 
 (手をずらして合わせる)二度拍手し

 ずらした右手を戻します。

4.深く一礼します。

 お願い事をする

5.一揖します。

動画で確認する⇓

拝礼は以上ですが、このあと拝殿をあとに

する時もそこでくるっと回り神様にお尻を

向けないように拝殿に向かって斜めに

さがりそこで振り向いて階段を降りましょう。

初詣 鳥居のくぐり方は?

Sponsored Links
初詣での参拝のやり方を上記で

ご紹介しましたが、拝殿で参拝をする

前には神社の鳥居をくぐるわけですが

鳥居のくぐり方にも

“正しいくぐり方”

があります。

まずなぜ鳥居をくぐるかというと

鳥居をくぐることで身体や心を清め

穢れ(けがれ)を払うという意味が

あります。

ですので帽子を被っていれば

帽子を取り一揖して鳥居をくぐる

時は左足から踏み出す。

ですので、鳥居より拝殿の近くに

駐車場がある神社ではその駐車場に

車を停めると鳥居に向かうより

直接拝殿に向かった方が早くなり

ますが、歩くのが困難な方でなければ

できるだけ鳥居をくぐるように

しましょう。

そして参道を歩く時は、

中央は神様の通り道とされて

いますので、あまり端に

よる必要はありませんが、

右か左を歩くとよいです。

ですが、初詣には混雑する神社も

あり、必ずしも中央を避けて歩ける

状態にない場合もありますので、

中央を避けた右か左を歩くというのは

“なるべく”ということです。

初詣 手や口の清め方は?

参道を抜け拝殿の前では、

手水舎(ちょうずや)で手や口を

清めるのがマナーです。

やり方としては

1.手水舎に一揖する

2.左手を清める

 右手で柄杓(ひしゃく)を取り
 
 手水をすくい、その手水で 左手を清める。

3.右手を清める

 柄杓を左手に持ち替え、手水をすくい

 右手を清める。

4.口をゆすぐ

 右手に柄杓を持ち替え、左手に手水を

 溜め、口に含み口をゆすいで吐き出す。

5.柄杓の柄の部分を洗い流す

 もう一度左手を清め、柄杓を両手で

 立て、柄の部分を手水で洗い流します。

6.柄杓を元の位置に戻し一揖します

動画で確認する⇓
 

まとめ

・初詣で正しい参拝のやり方は?

1.神様に一揖します。

2.深く二礼します。

3.右手を少し下げた状態で手を合わせ
 
 (手をずらして合わせる)二度拍手し

 ずらした右手を戻します。

4.深く一礼します。

5.一揖します。

・初詣 鳥居のくぐり方は?

帽子を取り、軽く一礼をして

左足から踏み出す。

・手や口の清め方は?

1.手水舎に一揖する

2.柄杓で水をすくい

 左手⇒右手⇒口⇒左手の順で

 清め、最後に柄杓の柄の部分を

 洗い流す。

3.柄杓を戻し、一礼する。

初詣での正しいやり方などをご紹介

させて頂きましたが、一つ一つの

行為にはそれぞれ意味があります。

すべて完璧に行うことは難しい

かと思いますが、年に一回の初詣です。

なるべく正しいやり方で参拝して

少しでも多くのご利益を得て

より良い一年になるといいですね。

ご購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links
3