初詣の時、おみくじを引かれる方は

多いと思いますが、引いた

おみくじの有効期限はいつまでか?

を知っている方は少ないのでは

ないでしょうか。

そこで今回は、おみくじの有効期限のほか

おみくじを引くタイミング

おみくじの処分方法をご紹介します。

  

Sponsored Links

おみくじを引くタイミングは?

みなさん、おみくじはどのタイミングで

引いてますか?

おみくじは、

「参拝の時のお願いに対して引くもの」

なので、神様にお願い事をしたあとに

引くとよいです。

ですので、もし神様に

“今年は志望校に合格できますように”

とお願いしたなら、おみくじに

書かれている

「願望」

「学問」にこんなふうに

“人の言葉に迷うな
 
 のぞみのままです”

“安心して勉学せよ”

なんて書かれていたら

自信をもって受験に挑めますね。

おみくじの有効期限は?

Sponsored Links

おみくじの有効期限をご存知

でしょうか。

実はおみくじの有効期限という

のは決められていません。

おみくじを引いた人が決めていい

のです。

調べてみると、願い事をして

おみくじを引いた日からその

願い事が叶う日までがおみくじの

有効期限です。

という方もいますし、

おみくじを引いた日から翌年に

おみくじを引く日までが有効期限。

という方もいます。

ですので、自分で有効期限を決めて

おみくじを引き、決めた有効期限まで

書かれている内容を心に留めておき

大事に保管しておきましょう。

おみくじの処分方法は?

おみくじが自分の決めた有効期限に

達した場合、そのおみくじはどう

処分、またはどう捨てればよいので

しょうか。

神社に結んで来たという方はその

心配はないですが、持って帰ってきた

場合、処分方法は

決まったルールはないのです。

ですが、授与(じゅよ)された

神社で神社へお返しするとよいでしょう。

神社には「お炊き上げ」と書いてある

箱が置いてある神社があります。

うちの近くの神社ですと一年中その

箱が置いてあるので、気が向いた時に

お守りやおみくじを納めに行ったりも

しますが、「お炊き上げ」はすべての

神社に置いてあるわけではありません。

また年末年始にだけ置いてある神社も

あるようです。

旅行先で授与されたおみくじは?

旅行先でおみくじを引くとこもあるかと

思います。

そんな時は、おみくじを授与された神社へ

郵送するとよいでしょう

その時は郵送される神社へ確認の電話を

入れてからにしましょう。

ですが、納めるにはそこまでこだわらず

おみくじを授与された神社でなくても

「お炊き上げ」が置いてあればどこの神社でも

構いません。

まとめ

・おみくじを引くタイミングは?

 神様にお願い事をしたあとに

 引くとよいです。

・おみくじの有効期限は?

 おみくじの有効期限という

 のは決められていませんので

 自分で“いつ”を決めておきましょう。

・おみくじの処分方法は?

 決まったルールはない。

 神社の「お炊き上げ」に納める

 とよいでしょう。

・おみくじの処分方法は?

 処分方法にも決まった決まりは

 ありません。

ということで今回はおみくじの

・引くタイミング

・有効期限

・処分方法

をご紹介しましたが、おみくじには

神様からのお言葉が書かれていますので

粗末に扱わず、書かれている内容が

良くないことであっても、プラスに受け止め

一年を前向きに過ごせるとよいですね。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links