肩こりは「国民病」といわれるくらい

多くの日本人に現れる症状です。

そんな肩こりの原因はさまざまですが

現代の日本はパソコンの普及率が

高く多く「国民病」といわれる

要因ともなっているようです。

そこで今回は、

肩こりの原因はパソコン

での姿勢が原因?

その対策は?

パソコンの位置位置や高さは?

をご紹介します。

  

Sponsored Links

肩こりの原因はパソコンでの姿勢?

現代の日本では長時間パソコンでの

作業やネットサーフィンなどをしていて

肩こりを引き起こす人が非常に多い

のが現状です。

自分もパソコンに向かい、

趣味のページを見ていると

知らないうちに

“もうこんな時間!?”

なんてことはよくあり

肩が凝っているのを実感します。

ではなぜパソコンを使うと肩こりが

起こるのでしょうか?

パソコンを見ている時は姿勢が

 自然と悪くなる


http://u0u0.net/HP64 

パソコンが原因で肩こりになる人は

 パソコンを使用中の姿勢にあります。
 
 自分もそうですが、

 “気づくと前かがみになっている”

 ということがあるのではないでしょうか?

 机や椅子、またはディスプレイの高さや

 位置が不適切だと前かがみになり、

 猫背になります。

 猫背になることで

 僧帽筋に負担がかかります。


 
そして僧帽筋に負担が

 かかり続けた結果が肩こりになるのです。
 

長時間同じ姿勢でいることが原因

長時間同じ姿勢でいることも肩こりを招く

 原因です。

 特に作業に集中している時などは同じ

 姿勢を取り続けることが多く、その結果

 肩や首の筋肉が硬くなり血行不良になります。

目の疲れが原因

 長時間パソコンのモニターを見ることで

 眼精疲労を招きます。

 眼精疲労により、目の周りの筋肉が

 疲労しその疲労が首を通じて肩にまで

 及ぶと肩こりとなります。

パソコンで肩こりの対策は?

Sponsored Links

どうしても姿勢が悪くなってしまう

パソコンでの作業時の対策ですが、

今ではいろんな対策グッズがあります。

自分は実際に試して購入したのが

コレです⇓(クリックで詳細表示)

これを近所のショッピングセンターで

実際に試すことができました。

これは椅子の上に置いて前半分くらいの

位置に座ると、座った部分がつぶれてその分の

中の空気が後ろに移動し、結果お尻の

後ろの部分を支えてくれるので、

自然と背筋が伸びます。

空気入れが付いてますが、買って一ヶ月

経ちますが毎日使っていて空気は

ほぼ減っていません。

これはは安いし、オススメなんですが、

本当に欲しかったのはコレです⇓

(クリックで詳細表示)

これも実際に試して見ることができましたが

安定していてしっかり腰を支えてくれます。

ただちょっとお高いので断念しましたが

お金に余裕がある方にはオススメです。

上記で紹介した物のほかにも椅子の上に

置いてその上に座るだけで姿勢を正せる

グッズは多数ありますし、一度購入すれば

ほぼ壊れる心配のないものですので、パソコンで

長時間作業される人にはオススメです。

パソコンの位置や高さは?

パソコンでの作業などで肩こりになる

人でもパソコンのモニター位置や高さ、

椅子の高さ、机の高さなどを気にする

人は少ないのではないでしょうか?

パソコンで肩こりになるのは、パソコンの

モニターの位置や高さが適切でない場合も

大いにあります。

位置や高さの調整は下記をご覧ください。

・机の高さ

 椅子に深く腰掛けキーボードやマウスに

 手を置いた時にひじの角度が90度になる
 
 ように、またその時ひじは椅子の

 ひじ掛けで支える感じで。

・椅子の高さ

 椅子に深く腰掛けた時に足の裏が

 床につき足首とひざと股関節が90度に

 なるように調節してください。

・モニターまでの距離

 モニターまでの距離は40cm以上に

 調整しましょう。

・キーボードの位置

 「H」と「J」がモニターの中心にくる

 ように置きましょう。

このような状態でパソコンと机や椅子が

セッティングできると、理想ですが

体型は人それぞれですのでこの数値に近い

セッティングを目指してパソコンや机や

椅子の調整をしてみましょう。

まとめ

パソコンでの作業などが原因で

肩こりになる人は多いですが、

ネット社会となった今は当然

といえば当然のことで、いわば

「生活習慣病」

といえるでしょう。

ですから、少しでも疲れないような

姿勢でパソコンに向かい肩こりに

ならないような工夫が必要です。

肩こりが改善されることで仕事でも

プライベートでも、楽にまた

楽しくパソコン生活が送れるように

なるといいなぁと思います。

購読ありがとうございまし(^^)

Sponsored Links