“暖かくなってきたしもうファンヒーター

 しまってもいいかなぁ、でもまだ結構

 灯油残ってるなぁ、どうやって抜こう

 かなぁ・・”

そんなことを思うことないですか?

そこで今回はファンヒーターの灯油の

抜き方や抜いた灯油はどうする?

灯油は入れたままではダメなの?

をお伝えします。

  

Sponsored Links

ファンヒーターの灯油の抜き方は?

暖かくなり、そろそろファンヒーターを

しまおうかなと思った時や、ファンヒーターを

長期に渡り保管をする時には灯油は抜いて

おいた方がいいですが灯油の抜き取り方は?

灯油を使い切る

“灯油の抜き取り方”ですが

ファンヒーターを付けっ放しにしておいて

灯油を使い切る方法であれば、抜き取る

必要はありません。

ですが灯油がタンクに

大量に残っており、ただファンヒーターを

付けっ放しにしておくのがもったいないという

ことであれば、梅雨時期までそのままにしておいて

洗濯物を乾かす特に使うようにすると、無駄なく

使い切ることができますね。

部屋干しにファンヒーターを使用する場合は

シリコンには注意ですが。

ポリタンクへ戻す

灯油のタンクに給油する時とは反対に

灯油のタンクからポリタンクへ灯油を

戻しましょう。

この時はタンク内に灯油が残らない

ように給油ポンプをできるだけ奥に

突っ込んで抜き取りましょう。

さらに本体の中の固定タンクにある

灯油も図のように抜き取りましょう⇓

抜いた灯油はどうする?

Sponsored Links

少量であれば、新聞紙や布で吸い取り

空の牛乳パックの中に入れて可燃ごみ

として出せば大丈夫です。

あとは、庭に穴を掘って穴に流す

のもありです。

ですが残っている灯油が大量であれば

ガソリンスタンドに持っていくのが

賢明でしょう。

私が行きつけのガソリンスタンドでは

無料で引き取ってくれますが、処分料が

気になるようであれば、行く前に電話

してみましょう。

残った灯油を入れたままでもいい?

ファンヒーターの中に灯油が残っているけど

“抜き取るの面倒くさいし”

って思う方は多いと思いますがメーカー側

は灯油は抜き取って下さい。

とのことです。

使い切れなかった灯油を入れたままだと

どのような弊害があるのでしょうか。

メーカー側の説明では

・水・ゴミなどを残したまま保管すると

 さびや穴あきの原因になります。

・灯油を抜かないと保管時にこぼれたり
 
 にじみ出たりして危険です。

・固定タンクの底にたまったゴミや水・

 灯油を拭き取った場合は、ティッシュなどを

 固定タンクの中に残さないでください。

 残した場合、故障や異常燃焼の原因に

 なる事があります。

とのことです。

ですが灯油を入れたままの

ファンヒーターを直射日光に当たるなど

高温にさらされるような場所に保管して

いなければ、翌年に使うくらいであれば

大丈夫だと思われます。

最後に

ファンヒーターに残った灯油の抜き方や

抜いた灯油の処分方法、また灯油を

ファンヒーターに入れたままではダメなのか

をお伝えしましたが、ファンヒーターを

少しでも長持ちさせるために残った灯油は

めんどくさがらず抜いて保管をすることを

おすすめします。

自分の家のファンヒーターはシーズンオフ

には灯油を抜くようにしています(嫁が(;^_^))

ですので古い灯油のせいでファンヒーターの

寿命が短くなることはないと思いますが、

エラーE4が頻繁にでるようになり

買い替えとなることが多いです。

話しがそれましたが、ファンヒーターを

大切に使用し、買い替えが1回でも

少なくなるといいですね。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links