歯ぎしりは、寝ている間の動作であり

自分では気が付いていないかも

しれません。

今回ご紹介する症状がある人は

ひょっとしたら歯ぎしりを

しているかもしれませんよ。

そこで今回は

歯ぎしりによる影響とは?

歯ぎしりの対策と治し方は?についてお伝えします。

  

Sponsored Links

歯ぎしりによる影響とは?

一人暮らし人や部屋で一人で

寝ている人だと歯ぎしりには

気が付きにくいです。

でも

“自分は歯ぎしりをしているん

 じゃないか!?”

そんな人は以下の症状がありませんか?

歯並びが悪くなる

長期にわたり歯ぎしりをしている人は

歯並びが悪くなる原因になります。

また元々噛み合わせが悪い人は

歯の摩擦が大きくなり寝ている間に

歯ぎしりを誘発することにもなります。

食いしばる癖がある

日中、重い荷物を持ち上げる時などに

歯を食いしばる癖がある人は寝ている

間も筋肉が緊張する傾向があり

歯ぎしりの原因になります。

朝起きると顎が痛い

朝目覚めると顎が痛い、また

虫歯はないのに、歯がしみたり食べ物を

噛むと歯が痛い。

歯が短くなってきた

歯ぎしりによって歯はダメージを受け

短くなっていきます。

また歯に亀裂が入り、歯が割れて

しまったりものを食べたり

飲んだりすると歯がしみたり

知覚過敏を起こしたりもします。

歯の詰め物が取れた

歯ぎしりによって歯が圧迫され

歯の詰め物が割れたり、取れて

しまったりすることがあります。

肩こりや頭痛がする

無意識に強い力で噛みしめることは

肩や首、頭の筋肉を緊張させます。

このような症状がある方は

寝ている間に歯ぎしりをしている

かもしれません。

歯ぎしりの対策は?

Sponsored Links

もし、上記の症状がある方は

歯ぎしりが疑い対策をしてみましょう。

対策法としましては、まずはストレスを

軽減させることです。

ストレスを溜めないよう、また溜まった

ストレスを発散するような努力を

しましょう。

喫煙やお酒の大量摂取も歯ぎしりの

原因となりますので、控えたり

量を減らしてみましょう。

歯ぎしりの治し方は?

歯ぎしりの主な原因はストレスと

いわれますので、ストレスがなくなれば

歯ぎしりはだいぶ軽減されると

思われます。

ですが、ストレスは簡単にはなくなりません。

ですが歯がすり減るのを防がなければ

んりません。

そこで歯ぎしりを治療するのに使用

して頂きたいのが、

「マウスピース」です。(クリックで詳細表示)

マウスピースは、たくさん売られていますが

上記のマウスピースは歯科技工士が開発した

もので、しっかり歯ぎしりを防止し、

歯の損傷を防いでくれ、呼吸の妨げにも

なりません。

薄くコンパクトな設計で寝ている間の

異物感も大幅に軽減されています。

最後に

歯ぎしりによる影響や対策、治し方を

お伝えしましたが、ご紹介した

症状がある方は、症状の一つの

可能性として

“自分は歯ぎしりしてるかも!?”

と疑って頂くといいと思います。

そしてマウスピースを試して見て

症状が軽減されれば、原因が判明し

“やっぱり歯ぎしりしてたんだ”

と思えて気も楽になります。

いずれにせよ、今日ご紹介した

症状はどれも放っておくと悪く

なることはあっても良くなることは

ありません。

早く原因を突き止め1日も早く元気な

身体を取り戻しましょう。

購読ありがとうございました(^^)

 

Sponsored Links