準礼装(じゅんれいそう)」と聞いて

ピンときますか?

あまり普段使わない言葉ですよね。

でも日常では度々「準礼装」は登場します。

また準礼装のほかに正礼装や略礼装

という言葉もあります。

そこで今回は、

女性の準礼装とは?

準礼装はどんな時に着るの?

準礼装と正礼装の違いは?

をお送りします。

Sponsored Links

女性の準礼装とは?

まず準礼装の「礼装」とは、改まった場面

での服装のことを言います。

さらに、礼装には、

・正礼装

・準礼装

・略礼装

があり、最も改まった(格の高い)

順から

正礼装⇒準礼装⇒略礼装

となります。

準礼装は、正礼装の時ほど

改まっておらず、略礼装の時

よりは改まった時に着用して

いく服装ということになります。

準礼装はどんな時に着るの?

Sponsored Links

では準礼装は具体的にどんな時に

着用するものなのでしょうか?

準礼装を着用する場面は

・結婚式

・披露宴

・入学式

・卒業式

・葬式

です。

ですが葬式は遺族や親族の葬式の

場合は準礼装ではなく正礼装

での出席となります。

女性の正礼装と準礼装の違いは?

正礼装と準礼装ではさらに昼間と

夜間でも違ってきます。

その違いを説明します。

女性の正礼装(洋装)は?

女性の場合の正礼装(洋装)は

主に新婦、両家の母親、媒酌人

(ばいしゃくにん)夫人が

着用する装いです。

具体的にいいますと、

・昼間に着用する正礼装は

「アフタヌーンドレス」

です。

http://urx3.nu/IOXR

アフタヌーンドレスは、昼間の

着用なので、なるべく露出しないもの

でスカートの丈もくるぶし、もしくは

それ以上に長いものがよいです。

服の素材は光沢の少なく派手すぎない

ものを。

・夜に着用する正礼装は

「イブニングドレス」

です。

http://urx3.nu/IOXY

イブニングドレスは、夜間に

着用するものとは逆で、露出が

多いものほど“フォーマル”と

言われます。

丈は床まであるロングのもので

サテンやレースなどの高級感のある

素材のものだとよりよいです。

女性の準礼装(洋装)は?

準礼装は最も格式が高い正礼装の

“フォーマル”に対して“セミ

フォーマル”と呼ばれやはり昼間の

準礼装と夜間の準礼装があります。

特徴としましては

・昼間の準礼装は

「セミアフタヌーンドレス」

です。

http://urx3.nu/IQ0x

セミアフタヌーンドレスはスカートの丈は

ふくらはぎくらいがベストで露出は控えめで。

尚、パンツドレスも準礼装に当たりますが

スカートドレスの方が「格が上」という扱いです。

・夜間の準礼装は

「ディナードレス」

です。

http://urx3.nu/IQ0S

ディナードレスは、床まであるロング丈のドレスで、

イブニングドレスよりは

露出は控えめにするとよいでしょう。

最後に

今回は、女性の準礼装や正礼装との違い

についてお伝えしてきましたが、

どの場面でどの服装で出席するのか

ということは大人のマナーにも関わって

きますが、すべてを用意しておくことは

大変ですし、いざ着ようと思うと

「型が古いから着るのに抵抗がある」

なんてことになると目も当てられません。

そんな時はレンタルがオススメです。

ついでに小物も借りてしまいましょう。

記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

購読ありがとうございました(^^)

Sponsored Links